開湯伝承1900年の奥州の名湯

蔵王連峰の中腹、心地よい高原の中にある蔵王温泉は、奥羽三高湯の中でも最古のいで湯。
強い酸性の硫黄泉で皮膚病や胃腸病に効くといわれ、「姫の湯」「美人の湯」の異名も。
古くは湯治場として栄えた温泉街は蔵王温泉スキー場の麓にあり、年中賑わいを見せ、お土産屋を覗きながらの散策を楽しんで下さい。
日本屈指の湧出量と強酸性の泉質で知られています。

また、蔵王温泉スキー場はアメリカのCNNにより「日本の最も美しい場所31選」に選ばれるほど、海外でも評価されています。

Translate »